telnetdのインストール

  • まずLinuxである「LANDISK」へログインできないとお話にならないので、telnetが使用できるように
    設定します。くどいようだけどこの作業から以降は、IO-DATAのサポート対象外となってしまうので、
    そこの所を肝に命じて作業を行うこと。
  • wizd on LANDISKさんのサイトからlandisk_telnetd_v2.0.zipをパソコンにダウンロードし
    解凍しときます。telnetの導入の方法は、README.TXTにも詳しく書いてあるので目を通すこと。
  • ファームウエアのバージョンは、最新にしておいたほうがいいです(2006/3月時点では、1.53が最新)。

telnetdのインストール

  • LANDISKの管理画面を表示します。
    • landiskユーザを追加します。(必ずlandiskユーザにすること。あと小文字ね)
      01-01.png
    • ファームウェアの更新を選択し、landisk_telnetd_v2.0.zipを解凍したupdate.tgzを指定し
      telnetdをインストールします。
      01-02.png
    • インストールが終了すると自動的に再起動となります。
      01-03.png

telnetdの接続確認

  • telnetdのインストールを確認します。TeraTermとかPuTTY等のターミナルソフトで接続を確認します。
    このとき接続先は、LANDISKの23番portでユーザアカウントはlandiskを指定します。下記は
    私のネットワーク内でログインしたときの表示です。
    Linux 2.4.21 (landisk.sea-bird.org) (0)
    
    
    landisk.sea-bird.org login: landisk
    Password:
    No directory, logging in with HOME=/
    bash$
  • README.TXTにも書かれているようにlandiskユーザは、sudoにてroot権限を付与されてますので
    色々と遊ぶことができると思いますよ♪
  • ちなみにsudoで設定されている内容を確認するには、以下のコマンドを実行します。
    bash$ sudo cat /etc/sudoers

添付ファイル: file01-03.png 686件 [詳細] file01-02.png 769件 [詳細] file01-01.png 725件 [詳細] filelandisk_telnetd_v2.0.zip 501件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-30 (水) 15:29:32