はじめに

SpursEngine って?

  • 動画を高速に表示するために特化した描画プロセッサで、いわゆるH.246動画なんかを凄く快適に再生できるなど
    いま注目のプロセッサなのです。もともとPS3に搭載するために開発されたもので、sonyと東芝が共同で開発し、
    商品名としては「SpursEngine」っていいます。

PxVC1100 って?

  • LEADTEKから発売されている、SpursEngineがのった(PCI-Express x1)ボードです。
  • カノープスからも同様の製品が出てますが、LEADTEKの方が安いかな。

SpursEngine対応ソフト

実際どーなのよ

  • 現時点(2009/3)でみると低ビットレートでエンコードしたファイルをみると「ブロックノイズ」が非常に目立ち、
    AviUtl + x.264 でソフトウエアエンコードで出力した結果と比べ物にならないほど酷い結果です。

TMPGEnc 4.0 XPress + TMPGEnc Movie Plug-in SpursEngine

  • ソフトの金額としては、ダウンロード版としても「9,800円 + 4,980円」安くないですよね・・・。
    • まだまだこれからなのでしょうが、本当に酷いですいまのところ人柱でしょうかね〜
      ※あくまで低ビットレートということです。また購入を阻害するような発言ではありません。

CRI SpursCoder

総論

  • 総額4万Overの出費を考えると現時点では人柱でしょうね、無難に Corei7 かな〜〜と思うですが
    SpursEngine機能を使用してのエンコードはとても快適!! H.264 がね。がね・・・と。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-30 (水) 15:29:33