Redmine 構築

  • Redmine といえば、もう6年位前から名前を聞いていたのですが最近は、どこもかしこも名前を聞くのでさっくとインスコできるもんだと思ったけど意外と面倒くさかったのでメモしています。きっと ruby は、EPELリポジトリ使わなければ簡単に入ったんだろうな…と予想するけど、まあどれも最新のをいれてみたくなるよってことでw

構築したときのソフトとバージョン

Redmine : 2.3.4.stable
OS : CentOS 6.5 minimal
データベース : mysql  Ver 14.14 Distrib 5.1.71, for redhat-linux-gnu (x86_64) using readline 5.1
webサーバ : Apache 2.2.15(Railsの実行にはPassengerを使用)
Ruby : 1.9.3-p484 (2013-11-22) [x86_64-linux]
Rails : 3.2.13

Ruby をインスコ

  • EPELリポジトリの登録
    # wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
    # rpm --import RPM-GPG-KEY-EPEL-6
  • /etc/yum.repos.d/epel.repo を作成
    [epel]
    name=EPEL RPM Repository for Red Hat Enterprise Linux
    baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/$basearch/
    gpgcheck=1
    enabled=0
  • 開発ツールやヘッダファイルなど
    # yum groupinstall "Development Tools"
    # yum install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel
    # yum install ImageMagick ImageMagick-devel
    # yum install ipa-pgothic-fonts
    # yum install --enablerepo=epel libyaml-devel
  • Ruby のサイトから Ruby 1.9.3-p484 をダウンロード&インスコ
    # wget http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-p484.tar.gz
    # tar zxvf ruby-1.9.3-p484.tar.gz
    # cd ruby-1.9.3-p484
    # ./configure --disable-install-doc
    # make
    # make install
  • ruby のバージョンを確認するも、sudo だと /usr/loca/bin にパスが通ってないので編集〜
    # visudo
      Defaults    secure_path = /sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/local/bin

bundlerのインストール

# gem install bundler --no-rdoc --no-ri

MySQL データベースの作成

  • データベースの作成、ユーザを作成する
    # mysql -uroot -p
    mysql> create database db_redmine default character set utf8;
    mysql> grant all on db_redmine.* to user_redmine identified by 'password';
    mysql> flush privileges;
    mysql> exit
  • /etc/my.cnf を編集し デフォルトキャラクタセットをutf8に設定(下記を追加)
    [mysqld]
    character-set-server=utf8
    
    [mysql]
    default-character-set=utf8

Redmineのインストール

redmine の使い方


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-30 (水) 15:29:31