Movable Typeとは

  • blogツールといえば現時点(2007/10)時点でYahooなどポータルサイトに多数存在しますが、5,6年前には
    そのようなツールが存在しませんでした。そのなかで非常に使いやすいと当時から話題のあったblogツールが
    このMovableTypeなのです。

Movable Typeをゲットしよう

  • 個人ライセンスですと無料なので、下記のサイトからダウンロードしましょう
    http://www.ecbuyers.com/b2c/catalog/default.php?cPath=28_127

インストールに必要なもの

  • Windowsマシンでも構築することができますが、できればLinuxの方がなにかと便利では・・・?と(笑)
  • 必要なものは、cgiが動く環境(Webサーバ、Perl)が必要なのと、あと以下のデータベースの何れかが必要です。
    MySQL, PostageSGL, SQLLite, SQLLite2, BerkelyDB

私ならw

  • MySQLをインストールしました。あと、ImageMagick-perlも
    # yum -y install mysql-server
    # /sbin/chkconfig mysqld on
    # /etc/rc.d/init.d/mysqld start
    
    ImageMagick-perl
    # yum -y install ImageMagick-perl

Movable Typeのインストール

  • パッケージをダウンロードしたら適当なディレクトリに転送しておきます。そのうえで展開しましょう。
    # cd /tmp
    # unzip MT-4_0-ja.zip
  • web公開ディレクトリに転送し権限を変更します
    # mv MT-4.01-ja /var/www/html/mt
    # cd /var/www/htm
    # chown -R apache:apache mt
  • MovableType には実行環境の動作チェックプログラムがあるので実行してみます
    http://www.sea-bird.org/mt/mt-check.cgi

MySQLの環境セットアップ

  • データベース環境を設定します。ここでは、mtデータベースを作成することにしました。
    # mysql -u root
    Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
    Your MySQL connection id is 2
    Server version: 5.0.45 Source distribution
    
    Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.
    
    mysql> create database mt;
    Query OK, 1 row affected (0.01 sec)
    
    mysql> use mysql;
    Reading table information for completion of table and column names
    You can turn off this feature to get a quicker startup with -A
    
    Database changed
    mysql> grant usage on mt.* to admin@localhost identified by 'password';
    Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
    
    mysql> grant all on mt.* to admin@localhost;
    Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
    
    mysql> exit
    Bye

MovableTypeのconfig

  • さていよいよ大詰めです。
    とりあえずMovaleTypeのconfigをコピーしましょう。
    # cd /var/www/html/mt4
    # cp -p mt-config.cgi-original mt-config.cgi
  • configファイルを編集しましょう。今回データベースは、MySQLを使用していますので
    それ以外のデータベース定義部分は、コメントにします。またWebのパス等は適切に変更する必要があります。
    ※データベースの接続情報も、ここで定義します。
    # vi mt-config.cgi
    
    # The CGIPath is the URL to your Movable Type directory
    CGIPath    http://www.sea-bird.org/mt/
    
    # The StaticWebPath is the URL to your mt-static directory
    # Note: Check the installation documentation to find out 
    # whether this is required for your environment.  If it is not,
    # simply remove it or comment out the line by prepending a "#".
    #StaticWebPath    http://www.example.com/mt-static
    StaticWebPath    http://www.sea-bird.org/mt/mt-static
    
    #================ DATABASE SETTINGS ==================
    #   REMOVE all sections below that refer to databases 
    #   other than the one you will be using.
    
    ##### MYSQL #####
    ObjectDriver DBI::mysql
    Database mt
    DBUser admin
    DBPassword password
    DBHost localhost

MovableTypeを動かしてみよう

  • もう動きますよん♪ 下記のように〜
    http://wwww.sea-bird.org/mt/mt.cgi

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-30 (水) 15:29:31