OSインストール

  • KVM(Kernel-based Virtual Machine)を導入するには、まずホストOSをインストールするところから始めます。
    KVMバージョンの新しいバージョンを使用したいのであればFedora、Ubuntuがいいのでしょうがなにせサポート期間が短いためサーバには適しないと判断しCentOSでKVM環境を作成してみたいと思います。
  • 構築
    ・ホストOS は、最少構成の「Minimal」でセットアップ
    ・ブリッジインターフェースを作成
    ・ホストOSには、desktop(gnome)を入れVNCで接続

ブリッジインターフェース(br0)の作成

  • 参考にしたサイト / OSSでLinuxサーバ構築
  • ブリッジインターフェースモジュールのインストール
    # yum install bridge-utils
    # yum groupinstall Virtualization "Virtualization Client" "Virtualization Platform" "Virtualization Tools"
  • 自動起動の設定
    # chkconfig libvirtd on
    # chkconfig --list libvirtd
    # shutdown -r now
  • ブリッジインターフェース(br0)の作成
    # cp /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br0
     とりあえず
    # cp /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 /root
  • br0 を編集
    # vi ifcfg-br0
       DEVICE=br0
       TYPE=Bridge
       BOOTPROTO=static
       IPADDR=192.168.0.100
       BROADCAST=192.168.0.255
       NETMASK=255.255.255.0
       NETWORK=192.168.0.0
       ONBOOT=yes
  • eth0 を編集
    # vi ifcfg-eth0
       DEVICE=eth0
       TYPE=Ethernet
       HWADDR=EC:A8:6B:F1:B3:6D
       ONBOOT=yes
       BRIDGE=br0 
  • ネットワークの再起動と確認
    # /etc/init.d/network restart
    # brctl show
     bridge name     bridge id               STP enabled     interfaces
     br0             8000.eca86bf1b36d       no              eth0
     virbr0          8000.52540042c777       yes             virbr0-nic
    
    念のため再起動しておきます
    # sync;shutdown -r now
  • ファイアーウォールは、ルータで制御するので停止しておきます
    # /etc/init.d/iptables stop
    # /etc/init.d/ip6tables stop
    # chkconfig iptables off
    # chkconfig ip6tables off

libvirt をインストールしたときに作成される virbr0 を削除

  • virbr0 が作成自動的に作成されますが、br0 ブリッジインタフェースを作成したのもあり、使わないインタフェースを残しておいても無駄なので削除します。
    # virsh net-list
    名前               状態     自動起動  永続
    --------------------------------------------------
    default              動作中  はい (yes)  はい (yes)
  • defaultネットワークがvirbr0を作っているか確認しておきます。

    # virsh net-dumpxml default

    <network>
      <name>default</name>
      <uuid>fb971d89-2330-47e9-9ad1-675f4e81e37c</uuid>
      <forward mode='nat'/>
      <bridge name='virbr0' stp='on' delay='0' />
      <mac address='52:54:00:42:C7:77'/>
      <ip address='192.168.122.1' netmask='255.255.255.0'>
        <dhcp>
          <range start='192.168.122.2' end='192.168.122.254' />
        </dhcp>
      </ip>
    </network>
  • virbr0 を削除します。
    # virsh net-destroy default
    ネットワーク default は強制停止されました
  • virbr0 が再起動したときに作成されないようにします。
    # virsh net-autostart default --disable
    ネットワーク default の自動起動設定が解除されました
  • 最終確認
    # virsh net-list --all
    名前               状態     自動起動  永続
    --------------------------------------------------
    default              停止状態 いいえ (no) はい (yes)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-30 (水) 15:29:31