Apacheって

  • NCSA httpd 1.3をベースにして、1995年から開発が始まったWebアプリケーションサーバです。
    フリーソフトウェアとして公開されているが、Linuxの普及もあいまってそのシェアは大きく世界で最も使われていると
    いっても過言ではありません。しかもLinuxだけではなく、WindowsやSolaris, FreeBSDなど多種多様なOSに
    移植され使用されてます。
  • というかぶっちゃけ、ブラウザで http://www.ふにゃらら ってやって表示される相手側の仕組みね。

Apache の設定

  • ローカルのネットワークでもApacheを立てることができます。
    ただサーバ公開する場合は、十分なテスト動作を行ったのちに公開すべきです。変な設定をすると攻撃されかねませんから。
    ということをふまえて設定してみましょ。
前提条件
httpdパッケージがインストール*1されていることが条件。
パッケージの確認は、rpm -q httpdコマンドで確認できるよ。
  • /etc/httpd/conf/httpd.conf 以下の定義値を修正または追加する。
    # サーバ情報の非表示
    ServerTokens Prod
    # サーバ管理者のメールアドレス
    ServerAdmin hoge@sea-bird.org
    # サーバのアドレス
    ServerName 192.168.0.xxx
    
    # 公開ディレクトリの権限を設定
    <Directory />
        Options FollowSymLinks
        AllowOverride None
    </Directory>
    
    # ドキュメントルート以下の設定
    <Directory "/var/www/html">
        # SSIの許可(コマンドExec含む)、CGIの許可、シンボリックリンク許可
        Options Includes ExecCGI FollowSymLinks
    
        # .htaccessの許可
        AllowOverride All
    </Directory>
    
    # サーバの情報を非常時
    ServerSignature Off
    
    # デフォルトキャラセットを無効にする
    AddDefaultCharset Off
    
    # plも・・・
    AddHandler cgi-script .cgi .pl
  • 修正が終わったら、/usr/sbin/apachectl configtestでhttpd.confの構文チェックを行います。
    Syntax OK って表示されれば問題ありません。
    # /usr/sbin/apachectl configtest
    Syntax OK

Apacheを起動する

  • Apacheを起動する
    # /etc/rc.d/init.d/httpd start
    • Fedora16の場合
      # systemctl start httpd.service
  • OSの起動を行なったときにBINDを自動的に起動するように設定する
    # chkconfig httpd on
    • Fedora16の場合
      # systemctl enable httpd.service

Apacheのテスト

  • 簡単なことです。ブラウザからhttp://サーバIP って実行してみてみればok
    ここらへんは、ググってみるといっぱいでてくるので詳細はそちらを

アカウント毎のウェブディレクトリ公開手順

  • アカウント毎にウェブディレクトリを公開することができます。
    たとえばURL http://サーバIP/~username/ と実行すると "username" のディレクトリにある
    サブディレクトリからコンテンツを読み出し表示することが可能なのです。
  • /etc/httpd/conf/httpd.conf 以下の定義値を修正または追加する。
    # UserDir ディレクティブを有効にしてあげます
    <IfModule mod_userdir.c>
        UserDir public_html
    <IfModule mod_userdir.c>
    
    # UserDir ディレクティブの直下でもcgiを起動可能とします
    <Directory /home/*/public_html>
        Options Includes ExecCGI FollowSymLinks
        AllowOverride All
    </Directory>
  • "username" のディレクトリにある公開で設定で注意する点が2つほどあります。これを忘れると結構はまります。
    • 各アカウントの公開ディレクトリに、public_html というディレクトリを作成する。
      % cd ~
      % mkdir public_html
      % chmod -R 755 public_html
  • cgiの実行可能なディレクトリは ~/public_htm/cgi-bin なので、このディレクトリも作成する。
    % cd ~public_html
    % mkdir cgi-bin
    % chmod -R 755 cgi-bin
  • 上記の設定が終わったら、Apache を再起動する。

参考にさせて頂いたサイト様


*1 パーケッジのインストール方法はこちらを参照

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-30 (水) 15:29:31