KVM virt-cloneによる仮想マシンの複製

  • KVMで作成したゲストOSの複製を行います。リストアとは異なり同じ環境を複製でき非常に便利です。
http://lab.adn-mobasia.net/?p=471

ゲストOSの出力をコンソールに出力する設定

  • /etc/grub.conf を編集
    hiddenmenu
    serial --unit=0 --speed=115200 --word=8 --parity=no --stop=1   ← 追加
    terminal --timeout=10 serial console    ← 追加
    title CentOS (2.6.32-358.2.1.el6.x86_64)
            root (hd0,0)
            kernel /vmlinuz-2.6.32-358.2.1.el6.x86_64 ro root=UUID=38b2eccd-239f-49dd7-8996-e426a9d7ee69 rd_NO_LUKS rd_NO_MD crashkernel=auto  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABBLE=jp106 LANG=ja_JP.UTF-8 rd_NO_LVM rd_NO_DM rhgb quiet console=tty0 console=ttyyS0,115200n8r
    ↑ console 〜 からを追加

ゲストOSの複製

  • ゲストOSの停止
    # virsh shutdown test
    # virsh list --all
      Id    名前                           状態
     ----------------------------------------------------
      -     test                           シャットオフ
  • 複製元のゲストを「test」、複製するゲストを「test-02」とした場合
    # virt-clone --original test --name test-02 --file /var/lib/libvirt/images/test-02.img
    # virsh list --all
      Id    名前                           状態
     ----------------------------------------------------
      -     test                           シャットオフ
      -     test-02                        シャットオフ
  • ゲストOS「test-02」の起動
    # virsh start test-02
    ドメイン test-02 が起動されました

MAC,UUID,IPの変更

  • MAC,UUIDの確認(メモする)
    # virsh edit test-02
       <uuid>2c4d69ee-71b9-fdfe-ed73-11f0a027887c</uuid> 
       <mac address='52:54:00:d3:d2:ad'/>
  • ゲストOSにコンソールもしくは、VNCからログインする
    • コンソールログイン
      # virsh console test-02
      ドメイン test-02 に接続しました
      エスケープ文字は ^] です
  • MAC,UUID,IPの変更
    # cd /etc/sysconfig/network-scripts
    # vi ifcfg-eth0
      UUID=2c4d69ee-71b9-fdfe-ed73-11f0a027887c   ← メモしたのを
      HWADDR=52:54:00:d3:d2:ad                    ← ここも
      IPADDR=192.168.100.42                       ← てきどに
    • eth0 の有効化を確認
      # ifconfig eth0
      eth0: error fetching interface information: Device not found
    • eth0 を有効にする
      # rm /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
  • ホスト名の変更
    • ネットワーク設定ファイルの変更
      # vi /etc/sysconfig/network
         NETWORKING=yes
         HOSTNAME=sea-bird.org
             ↓
         HOSTNAME=ns.sea-bird.org
  • ゲストOS漢字コードの設定(utf-8)
    # vi /etc/sysconfig/i18n
    LANG="ja_JP.UTF-8"
  • ホストOSから、ゲストOSを停止・起動する

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-30 (水) 15:29:32