ゲストOSのインストール

  • やっとこゲストOSのインストールです。テキストもーどでインストールする方法もありますが折角VNCを使えるようにしたので、VNC経由&グラフィカルインストールモードで windows7 home 64bitをインストールしてみます。
  • ゲストOSの基本構成
    ・OSタイプは、windows(win7)
    ・CPU 2こ / メモリ 3GB / HDD 20GB
    ・virtio
    ・RAWイメージで作成
    ・windows7 home のDVDは、iso化してゲストOSに転送しておく

ゲストOSのインストール

  • ゲストOSイメージディレクトリの作成
    # mkdir /var/lib/libvirt/images
  • コマンドラインからのインストール
    # virt-install \
      --virt-type=kvm \
      --hvm \
      --connect qemu:///system \
      --vcpus=2 \
      --ram 3000 \
      --os-type=windows \
      --os-variant=win7 \
      --network bridge=br0,model=virtio  \
      --name test \
      --disk path=/var/lib/libvirt/images/win7.img,size=20 \
      --vnc \
      --vncport=5910 \
      --cdrom='/var/tmp/win7-home64.iso' \
      --accelerate \
      --keymap=ja
    ディスプレイをオープンできません:
    Run 'virt-viewer --help' to see a full list of available command line options
    Domain installation still in progress. Waiting for installation to complete.

ゲストOSのインストール後

  • ゲストOSをインストールしたportの削除(vncで接続するなら削除不要だけどね)
    # cd /etc/libvirt/qemu/
    # vi test.xml
        <graphics type='vnc' port='5910' autoport='no' keymap='ja'/>        ← この行を削除する
    # virsh define test.xml
    # virsh shutdown test
    # virsh start test

ネットワークドライバの更新

  • すんなりwindows7は、インストールできるけどネットワークアダプターが認識されないので virtio をインスコして認識させてやります(ネットでは、winインスコの途中でドライバーは?って聞かれるらしいんだけど…聞かれなかったので)
  • ホストOSの適当な場所に virtio-win をダウンロードします。(ここから
    # wget http://alt.fedoraproject.org/pub/alt/virtio-win/latest/images/bin/virtio-win-0.1-59.iso
  • ゲストOSを停止し、virtio-win をCD-ROMにアタッチ、再起動します。
    # virsh test shutdown
    # virsh edit test
        <disk type='file' device='cdrom'>
         <driver name='qemu' type='raw'/>
         <source file='/var/tmp/virtio-win-0.1-59.iso/>  ← virtio-win を指定します
         <target dev='hdc' bus='ide'/>
         <readonly/>
         <address type='drive' controller='0' bus='1' target='0' unit='0'/>
       </disk>
    # virsh define test.xml
    # virsh start test
  • 再起動後に、デバイスマネージャーを開き[!]←認識されていないデバイスを選択しマウスの右クリックで「更新」、ドライバの格納先→CD-ROMを指定すればOK(該当OSのディレクトリを指定)。
    • うまくいくと↓のように認識されます
      &ref(): File not found: "lan.png" at page "CentOS6 / ゲストOSのインストール Windows7";

USBを認識させる

  • 調べ中

音が聞こえない対応

  • 調べ中

ゲストOSがどのイメージファイルで作成されているか確認

# qemu-img info test.img

自動的に起動するゲストOSは?を調べる方法

# ls /etc/libvirt/qemu/autostart

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-30 (水) 15:29:32